事業概要

デジタル撮影による構造物点検

望遠撮影からマクロ撮影まで、 各種デジタルカメラにより高画質の損傷画像を撮影します。

1  一般損傷写真撮影

望遠レンズ、広角レンズ、標準ズームレンズにより構造物の損傷を撮影します。
撮影画像を幾何学的に補正処理を行い、結合することで、構造物全体の損傷画像を作成できます。

2  ひびわれマクロ撮影

マクロレンズを使用して構造物の詳細な画像を記録します。
損傷画像とクラックスケールを画像合成し、正確なひびわれ幅を測定します。

3  ポールカメラによる撮影

地上から高所にある構造物の損傷を各種撮影用ポール先端に取り付けたカメラにより撮影します。

4  水中部の調査

これまで主に潜水士によって行われていた水中構造物点検の効率化とコスト削減のため、船上から操作できる水中調査機器を一般財団法人 首都高速道路技術センターと共同開発しました。【特許出願中】


走行車両からのデジタルビデオ撮影

走行車両からの各種デジタルビデオ撮影により、構造物の損傷を記録します。

1  車載ビデオカメラによる撮影

法定速度で走る車上から各種デジタルビデオで構造物を撮影し、その健全度を判定します。

2  4Kカメラによる解析

4Kカメラを使用し、その詳細な画像で構造物の健全度を解析します。


走行型計測車両によるトンネル点検

走行型トンネル点検車〈MIMM〉により、トンネルへ壁面の損傷を記録します。
この技術を応用し、高架橋下面の損傷も記録します。

1  トンネル部の点検

法定速度で走る車上から複数のデジタルビデオカメラで構造物を撮影し、健全度を判定します。
また、レーザー計測によりトンネル壁面の3次元位置データを収集し、壁面の変形等を計測します。

2  高架部の点検への応用

本計測車による計測技術を応用し、高架橋交差点部等の点検困難箇所の点検を実施します。

首都高デジタル&デザイン株式会社
〒105-0004 東京都港区新橋四丁目6番15号 日新建物新橋ビル
TEL.03-6721-5860 FAX.03-6721-5863
Shutoko Digital & Design Co.,Ltd. 4-6-15, Shimbashi, Minato-ku, Tokyo, 105-0004, JAPAN